スタッフブログ

Hot News

ラッピングトラック

2022年4月 7日 10:47

こんにちは、日東物流の菅原拓也です。

昨日トラック協会からの依頼で弊社車両にGマークのラッピングを施工しました!!

IMG_0741.jpg

Gマーク➡安全性優良事業所へ与えられるもので、この"G"はGood、Glory(繁栄)を意味するそうです。

このラッピングは"Gマーク"を広く認知して頂くための広報的な役割があり、千葉県内でも30台弱のトラックに施工されているもの。

IMG_0755.jpg

このラッピングカーを走らせ、思いやりのある運転をすることで業界のイメージ刷新に少しでも貢献出来ればと考えています。

IMG_0773.jpg

先ほどこの車両が会社を出ていきましたが、心なしかいつもより低速で慎重に運転していたように思います(笑)

湾岸線を走る車両ですので、少しでも多くの方に見て頂ける機会があれば嬉しいです!!

またロジビズオンラインさんで絶賛連載中の「二代目物流社長のアタマのなか」も是非読んでみて下さい♪

近日中に第4回目の記事が出るはずです。

(第一回)事業承継の難しさ(前編)

(第二回)事業承継の難しさ(後編)

(第三回)コンプライアンスの重要性

物流業界のあれこれ

2022年3月16日 08:59

こんにちは、日東物流の菅原拓也です。

先日リクナビさん主催の「第8回GOOD ACTION アワード」で弊社取り組みが入賞し、表彰式に行ってきました。

gs-6.jpg

このアワードは『 働くあなたが主人公となり、想いを持って始めた取り組みが、少しずつ周囲の人を巻き込みイキイキと働ける職場の共創へと繋がっていく...そんな可能性を秘めた取り組み(ACTION)』に光をあて応援するというもの。

そんな中で弊社の「働き方改革が構造的に難しい業界においてコンプライアンスと健康経営という両軸を融合させ、決意をもって取り組み従業員全体での意識改革に繋がった」ことが評価されてのことです。

この「構造的に難しい」、という表現が多くの方に知って頂きたいことだったので、とても嬉しかったです!

gs-36.jpg

2024年問題という物流業界を支える多くのドライバーさんにとって生活を脅かしかねない問題があります。

これは長時間労働が当たり前であり、長時間労働で給与を得るというドライバーが多い業界において残業時間抑制=生活給としての側面が失われかねない状況だということです。

もちろん企業として残業時間抑制=給与減ということを回避するためにはやはり運賃の上昇が必須となります。

荷主さんとのパワーバランスや配送業者の供給過多、渋滞や天候、積込先や納品先での待機等の外的要因によっても労働時間が大きく変動してしまう業種であることからなかなか簡単にはいきません。

そんな業界のアタリマエに疑問を持ち続けて、業界をより良い環境にできるよう頑張っていきます!

それと先日健康経営優良法人の発表があり、弊社は5年連続で認定を受けました!

健康経営2022.jpg

が、

ブライト500については見事に落選(苦笑)

なかなか弊社の実態と合わない部分が多くて今後認定は難しそうですが、大切なのは「何のための健康経営なのか」という本質をきちんと理解して実践すること!

それが出来ていれば別にブライト500に認定されなくても別に良いんです(拗ね顔)。

別に落選したこと気にしてないんですもん。

ふーん。 

様々なコスト増

2022年2月23日 09:15

こんにちは、日東物流の菅原拓也です。

また最近食料品の値上げの報道なんかが出ていて、値上げの理由としては「物流費の高騰」だと言われています。

今まさに燃料の高騰が叫ばれていますが、実際にどれだけ経営を圧迫していかといいますと。。。

2021年10月~12月と2022年10月~12月での各四半期比較で、仕入れ単価ベースで平均+37%にもなっています。

ざっくりと売上高に対する燃料費の割合は10%程度ですので、それが37%もコスト増となると単純に営業利益が3.7%も減ってしまう計算です。

DSC_0732.JPG

長距離が多い会社さんであれば、より多くのコスト負担がのしかかります。

これは痛い。痛すぎる。

痛すぎるどころでなく、経営存続の危機といっても良いくらいかと思っています。

何せ最新の全日本トラック協会の統計(令和元年)では、全トラック事業者の平均営業利益率は▲1.0%。

そこから▲3.5%とか、これはもう危機ですよ!

軽油にかかる税金は1リットルあたり32.1円。

トリガー条項の凍結解除があればかなり楽になるはずなんですが(涙)

DSC_0736.JPG

さらにトラックの価格も新たな排ガス規制への対応等で年々上昇していますし、コンプライアンスへの対応コストも馬鹿になりません。

さらに首都高も4月から値上げとなります。

さらにさらに残業80時間規制に向けての新たな改善基準告示への対応。。。        

なんてネガティブな話ばかり考えてもしょうがないので、前向きに頑張ります!!

それと遅ればせながらLOGI-BIZonlineさんで1月より「二代目社長の"アタマ"のなか」というタイトルで月に1回連載させて頂くことになりました!

お時間あれば是非読んでいただけると嬉しいです!

(第一回)事業承継の難しさ(前編)

(第二回)事業承継の難しさ(後編)

Update

前の月へ2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Menu

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

前の3件 4  5  6  7  8