スタッフブログ

Hot News

3月

2019年3月20日 09:35

こんにちは、日東物流の菅原拓也です。

3月に入り気温もぐっと上がってきて過ごしやすい日々が続いていますね。

そろそろインフルエンザも警戒しなくて良いかな?と思っています。

ちなみに今年は発症が3名(いずれも予防接種済)と、ここ数年で一番少なく、目標の5名以内に抑える!も達成できて嬉しく思います♪

またTOPICSにもあるように先日採用サイトの更新も行いました。

撮影の雰囲気はこんな感じです。

DSC_1335.jpg

休憩室で撮りました。

DSC_1336.jpg

アップされた実際の採用サイトではこのようになります。

採用サイト.png

サッカーが大好きなSさん、先日も1週間スペインへサッカー観戦に行っていました。

日東物流ではこうした柔軟な働き方が出来ますので、ご興味ある方は是非連絡頂ければ!

トラックはAT車で独り立ちするまでの期間も長くとっていますので、安心して働けますよ!

2019年2月25日 10:50

こんにちは、日東物流の菅原拓也です。

2月もそろそろ終わりですが、弊社の配送エリア(南関東)では大雪による大きな混乱等はなく、比較的穏やかな1ヵ月だったように思います。

インフルエンザも1月のある1週間の間で3人発症(3人とも予防接種済)したので、これは今年相当数インフルエンザが出るなと覚悟していましたが、なんとかこの3人のまま(目標は5人以内に抑えること!)で推移出来ています。

さてさて2月中の出来事ですが、今のメンバーでの1年間の衛生委員会が終了しました。

現メンバーでの衛生委員会ではインフルエンザ予防接種の個人負担が従来の1,000円負担から500円負担へと引き下げたり、禁煙補助を出したり従業員さんの健康に対する意識という意味では非常に効果的なイベントが出来たのでは、と思います。

衛生委員のみなさん、積極的なご意見ありがとうございました!!!

続いて2月21日に「健康経営優良法人2019」の発表があり、当社は2年連続で認定を受けることが出来ました!!

認定書.jpg

この健康経営は認知度がどんどん高まってきていて申請数も増え、中小企業法人部門では2018年に比べ3倍超の認定がありました。

当社は昨年認定を受けてからのこの1年で有難いことに、健康経営に関する取り組みについての取材やお話させて頂く機会が増えました。

運送業界は他産業と比較しても過労問題がついて回る業界ですので、労働時間の減少を含めた健康経営を実践し労働環境を少しでも良く出来るように今年もまたいろいろ取り組んでいきたいと考えています。

新年&飲酒運転について

2019年1月29日 10:53

新年明けましておめでとうございます、日東物流の菅原です。

今年も年始は成田山新勝寺へ初詣に行ってきました。

DSC_1294.jpg

7日に行ったので大分空いているように感じました!

さてさて、昨年末からメディアでは飛行機や大型船でのアルコールが問題になっていますね。

我々トラックやタクシー、バス業界ではこのアルコールについてきちんと義務化されていて、かなり厳しく検査が行われているんです。

弊社では出庫時と帰庫時の毎日2回(これは義務です)、必ず点呼者の前でアルコール検査を行います。

さらにアルコール検査は免許証のICチップと連動していて、免許証をICリーダーにかざすと免許証の更新日までの残日数がわかるだけでなく氏名や社員コードが表示されますので、代替者の検査は出来ないようになっています。

ちなみにこの表はアルコールが出てしまった方の記録表になります。

アルコール.jpg

この時の出庫時のアルコールは0.098mg/Lを検知しました。45分後でも0.059mg/Lのアルコールが検知されていますので、こうした場合は乗務することは出来ません。

※酒気帯び運転の基準は0.15mg/L以上ですが、弊社では0.001mg/Lでも検知した場合、乗務させることは出来ません。

この極少量のアルコールを検知するのは市販のハンディタイプのアルコール検知器では難しいと思います(ちなみに弊社ではこちらのサンコーテクノさんのアルコール検知器を使用)。

アルコールが出た場合は懲戒処分の対象となっていますし、乗務員さんは皆翌日の仕事や体調を考えながら飲酒量を調整しているんです(まさにプロ意識!!)。

実は最近も飲酒運転の方が弊社トラックの走行車線に反対車線から飛び出し、正面衝突となった事故が発生しました。

この事故は深夜に片側2車線で中央分離帯もある見通しの良い道路で発生しました。

飲酒1.png

ヘッドライトがこちらの走行車線に向かってきているのがわかります。この時点でブレーキはかけ始めていました。

2回飲酒.png

このまま白い乗用車がこのまま走ってきますが、避けられず衝突します。

3飲酒.png

こちらは事故車両になります。幸いトラックのスピードが衝突時にはほぼ0km/hまで減速出来ていたのもあり、相手の方は大きなケガにはならなかったと聞いていますが、見ての通り車両は大きく損傷しています。もちろん当社のトラックも大きな損害を受けました。奥に見えるのは事故報告を受けて新たに会社から出した代替車両となります。

飲酒4.png

いずれも弊社側の乗務員さんにケガはありませんでしたが、一歩間違えれば大惨事になりかねないものです。

今回の画像はドライブレコーダーの映像から取ったもので画質は低いですが、最近の飲酒問題に絡めて注意喚起の意味も含めて公開しました。

飲酒後(二日酔いも含めて)にハンドルを握ることは、絶対にやめて頂きたい。必ず後悔する結果になると思っています。

Update

前の月へ2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Menu

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

1  2  3  4  5